NIKE(ナイキ)の
買取について

あなたのクローゼットで眠っているナイキのスニーカーや古着がございましたら、
是非ジャンクビンテージにお売りください。
アメカジを専門とする当店がどこにも負けない査定金額をお約束いたします。
コラボレーションモデルやビンテージのナイキの買取りも大歓迎です。

Strengthening purchase 買取強化アイテム

下記アイテムの買取を現在強化中です。
詳細はお気軽にメール・お電話で
お問い合わせください。

高額買取

  • スニーカー、バッシュ、ダンク・DUNK、エアジョーダン・AIR JORDAN、エアフォース・AIR FORCE、ルビラージュ・LE VILLAGE、SB、ブレザー・BLAZER、、ターミネーター、ナイトトラック、スカイフォース、オレゴンワッフル、バミューダ、ワッフルレーサー、エアマックスクラシック・AIR MAX95、コルテッツ・CORTEZ、バンダル、ブルーイン、ヴェイパーマックス
  • デッドストック、ビンテージ、ビッグナイキ、オリジナル、限定、コラボアイテム、ディオール、オフホワイト、シュプリーム、アンダーカバー、トラヴィス・スコット
  • レザージャケット、Tシャツ、ウインドブレーカー、スウェット、バッグ、ジャージ
  • 風車ナイキ、カマボコナイキ、オレンジスウォッシュ

選べる5つの無料査定。
安心の高価買取。

BRAND NIKE(ナイキ)の紹介

image

ナイキについて当店より少しブランドの紹介をさせていただきます。

ジョギングをアメリカに紹介し、大学でトラック競技とフィールド競技における独自のトレーニングプログラムを作り上げたオレゴン州立大学の陸上コーチであったビル・バウワーマンとバウワーマンの指導下の中距離ランナー、オレゴン州立大学では会計学を専攻していたフィル・ナイトがアメリカでスポーツシューズ業界を牛耳っていたアディダスとプーマよりも安くて機能性の高いシューズを展開したいとの思いで1964年にブルーリボンスポーツ社を設立しました。日本のタイガー社(現アシックス)から製品の輸入はじめ、それが成功すると自身の手で、新しいデザインの靴をデザインし、生産から販売まで行うことを考えました。1972年にナイキの設立です。そしてオニツカタイガーとナイキのコラボレーションでナイキの名品ランニングシューズ、「ナイキ コルテッツ」を発表しました。社名の由来は、ギリシア神話の勝利の女神「ニケ(NIKE)」から。
その後もエアを搭載したシューズの開発や1985年に発売されたNBAプレーヤー、マイケル・ジョーダンの名を冠した「エアジョーダン」、1987年に発売された「エアマックス」などが人気を博し、日本では1995年に発売された「エアマックス95」によるブームが社会現象となりました。「エアマックス狩り」なんて言葉も生まれ、私も含め、当時学生だった人は盗難などを警戒して、学校にお気に入りのスニーカーを履いて行けませんでした。今でも当時のブームを彷彿とさせるようなプレミアが付くコラボレーションモデルや限定モデルがありますが、それほどナイキのファッションへの影響力は大きく、正に世界に冠たるスポーツブランドです。

ナイキのスニーカー、古着の買取りは是非ともジャンクビンテージにおまかせください。
アメカジブランドやビンテージ古着の買取りを得意とする当店が高価買取をお約束いたします。
ビンテージやコラボレーションモデルの買取りが気になる方は大阪の南堀江の店舗への直接のお持ち込みはもちろん、お電話やメール、LINEでもお気軽にお問い合わせください。

NIKE 公式サイト

FAQ NIKE(ナイキ)のよくある質問

  • Q.
    ビンテージ物のナイキの買取りはできますか?
    A.

    当店はナイキなどのビンテージ物スニーカーの買い取りも得意としています。

    ジャンクビンテージは最初はビンテージ古着専門店として開業いたしました。当時はオリジナルのジョーダンや70sチャックテイラーの販売を得意としていました。プレミア商品やビンテージ物など値打ちのある商品を見逃すことはありません。実績25年の専門バイヤーが査定いたします。

  • Q.
    買い取りできない商品はありますか?
    A.

    加水分解が進行している商品は買い取りが難しい場合がございます。

    80sジョーダンのアンクルスポンジ部分や70sランニングのミッドソールやスポンジが加水分解をおこしているケースがナイキでは多いです。現行品でも5年以上経過している場合は加水分解をおこしている可能性がございます。合皮部やスポンジ部にべたつきが見られる場合は買い取りできないことがあります。

SHARE

image image image